現在のページは、「 会則 」です。


日本視覚障害ヘルスキーパー協会

ヘルスキーパーのご紹介。視覚障害者が多くの企業で活躍中です。



協会について



ここから本文エリアです。

会則

1. 規約

[名称]
第1条
本会は、日本視覚障害ヘルスキーパー協会と称する。
[会員]
第2条
本会は以下の会員区分とする。
  • ( 1 )正会員:あん摩マッサージ指圧師または、はり師・きゅう師の免許取得者であって、企業等の従業員を対象とするヘルスキーパーであるもの。
  • ( 2 )準会員:あん摩マッサージ指圧師または、はり師・きゅう師の免許取得者であって、ヘルスキーパー職を辞した正会員であったもの。
  • ( 3 )賛助会員:本会の趣旨に賛同する者。
  • ( 4 )外部顧問:協会役員として6年以上従事したもので、ヘルスキーパー職を辞したもの。
  • [目的]
    第3条
    本会は、会員相互の協力をもとにヘルスキーパーの資質の向上を目指して、もって産業衛生に貢献し、会員の社会的地位の確立と親睦を深めることを目的とする。
    [事業]
    第4条
    本会は、目的達成のため次の事業を行う。
  • ( 1 ) ヘルスキーパーに関わる研究・研修活動
  • ( 2 ) 会員相互の情報交換および広報活動
  • ( 3 ) 親睦を図るための活動
  • ( 4 ) その他、本会の目的を達成するための活動
  • [組織]
    第5条
    本会の議決機関として総会を置く。
    第6条
    総会は、年1回定期総会を開き、必要に応じて臨時総会を開く。
    第7条
    企画・立案・連絡調整を行う次の役員を置く。
  • ( 1 ) 会 長 : 1名
  • ( 2 ) 副会長 : 若干名
  • ( 3 ) 幹 事 : 若干名 ( 会計担当を含む )
  • なお、協会の事務局は以下に置く。
    〒221-0003
    神奈川県横浜市神奈川区大口仲町166-6
    日本視覚障害ヘルスキーパー協会
    第8条
    役員は、定期総会において選出され、必要に応じ役員会を開く。
    第9条
    役員の任期は、2年とする。
    第10条
    必要に応じて顧問を置く。
  • ( 1 )内部顧問:正会員であり、協会役員として6年以上従事したもので、顧問として役員全員の承認を得たもの。
  • ( 2 )外部顧問:ヘルスキーパーに属さず、協会役員として6年以上従事したもので、顧問として役員全員の承認を得て本人の承諾を得たもの。
  • [会計]
    第11条
    本会の運営資金は、会費 ( 賛助会費を含む ) 等をもって当てる。
    第12条
    本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。
    第13条
    会計年度の監査役を置き、会計、業務についての監査を行う。
    [付則]
    第14条
    本規約は、令和3年5月30日をもって施行する。
    第15条
    総会の運営に関しては、別に定める。

    2. 総会の運営に関する規則

    [招集と成立]
    第1条
    定期総会は、役員会の決定に基づき会長が招集する。
    第2条
    会長は、役員会が必要と認めた場合または全会員の3分の1以上から書面による要求があった場合は、臨時総会を招集しなければならない。
    第3条
    総会は、賛助会員・準会員・外部顧問を除く全会員の過半数の出席(委任状を含む)をもって成立する。
    [議決]
    第4条
    総会の議決は、出席者の過半数をもって決する。ただし、規約の改廃は、3分の2以上とする。
    [議長と書記]
    第5条
    総会の議長および書記は、役員を除く出席者の中から選出する。
    [議事運営と記録]
    第6条
    総会の議事運営は、一般的議事運営に従って議長が進行に当たる。
    第7条
    総会の記録は書記が担当し、総会終了後は会長の責任で5年間保存する。
    [付則]
    第8条
    この規則は、令和3年5月30日をもって施行する。

    本文エリアはここまでです。






    ここからフッターエリアです。