現在のページは、「 入会のご案内 」です。


日本視覚障害ヘルスキーパー協会

ヘルスキーパーのご紹介。視覚障害者が多くの企業で活躍中です。



協会について


トップページ >  協会について >  入会のご案内


ここから本文エリアです。

入会のご案内

はじめに

 日本視覚障害ヘルスキーパー協会[以下:協会という]は、視覚に障害のある者が企業・団体内の施術室に勤務し、理療の国家資格を活かし、従業員や職員の健康の維持・増進、疾病の予防などの役割を担っているヘルスキーパーの皆さんによって、平成4年9月に設立された職能団体です。

 設立の趣旨と目的は、会員相互の協力により各自の資質(知識・技術)の向上をはかることによって、企業におけるヘルスキーパーの役割を高めることを通して視覚障害者の職域拡大と、会員の社会的地位の向上ならびに親睦を深めるものです。

 なお、ヘルスキーパーという職業は、歴史も浅く、殆どのヘルスキーパーは単身もしくは2名程度で働いており、さらに視覚に障害を抱え、情報収集力に限界があると思われます。理療の知識・技能の向上とクライアントへの適切な対応を図る等、種々の課題を抱え、日々工夫・努力をされていることと思われますがその努力には限度があると考えております。

 そこで、当協会では、ヘルスキーパー各自の研鑽をベースに、当協会が主催する各種行事に参加していただき、相互啓発の場を通じてレベルアップをはかってもらいたいと願っております。つきましては、お一人でも多くの方にご加入していただきたく、ご案内する次第です。

ヘルスキーパーをめぐる環境と当協会の使命

 日本の経済は、引き続き厳しい環境にあります。”失われた20年”を取り戻すために企業は、雇用形態を改めたり、人事制度における評価、処遇の変更など、企業の生き残りをかけた取り組みがなされました。 さらに、情報機器の高度化・多様化に伴いパソコンが各自に支給され、業務の見直しやシステム化が積極的に展開されております。

 この結果、企業で働く従業員は、身心に多大なストレスが加わるようになりクライアントが訴える症状も複雑多岐にわたっております。この点でヘルスキーパー各位は、これらのニーズに応えられるよう日々努力していることと推測しております。

 また、理療の分野においても基礎・臨床のそれぞれの研究が進められており最新の研究成果に注目し、その成果を吸収することも大切なことと考えております。

 これらの状況を踏まえ、当協会は各種の研修事業を定期的に開催しており、絶好な機会の一つであると確信しておりますので、ご理解を賜りご加入くださるよう重ねてご案内申しあげます。

入会資格・会費

◆正会員
資 格: 協会の趣旨をご理解いただける全てのヘルスキーパー
年会費: 8,000円(2018年度)、入会金不要
◆賛助会員
資 格: 協会の趣旨に賛同していただける企業・団体、個人
年会費: 企業・団体…30,000円、個人…3,000円

申込方法

  • 1. 下の入会申込フォームからお申し込みください。
  • 2. 記載された内容を拝見し、入会の可否を判断させていただきます。
  • 3. 入会が認められたらメールにてお知らせします。
    直ちに下記の口座に会費をお振込みください。

◆振込先
ゆうちょ銀行 〇一九 店(ゼロイチキユウ店)
当座 0710123 日本視覚障害ヘルスキーパー協会 (ニホンシカクシヨウガイヘルスキーパーキヨウカイ)

※お振込の際のお願い
・会員様以外の方(勤務先や他の方の口座から振り込まれる場合)がお振込される場合は、通信欄に必ず会員名をご明記ください。
 ご記載がない場合、入金を確認できないことがございます。

入会の申し込み・お問い合わせは下記までご連絡ください。
入会申込フォーム(正会員)はこちら |入会申込フォーム(賛助会員)はこちら

本文エリアはここまでです。






ここからフッターエリアです。