現在のページは、「 第1回【コロナウイルス対策における協会緊急アンケート】集計 」です。


日本視覚障害ヘルスキーパー協会

ヘルスキーパーのご紹介。視覚障害者が多くの企業で活躍中です。



新型コロナウイルス感染拡大防止対策に関する情報


トップページ >  協会について >  新型コロナウイルス感染拡大防止対策に関する情報 >  第1回【コロナウイルス対策における協会緊急アンケート】集計


ここから本文エリアです。

第1回【コロナウイルス対策における協会緊急アンケート】集計

実施日:2020/3/30~4/4 (6日間)
方法:メーリングリストにて配信、返信メールにて回答(2020/3/30 12:57配信)
対象:日本視覚障害ヘルスキーパー協会会員91名
回答数:38名
回答率:42%

・勤務状況について
Q1. 現在出勤されていますか?
A1. 出勤している 20名(53%) 出勤していない 18名(47%)

・出勤されている方
Q2. 時差出勤、短縮勤務などは行われていますか
A2. 平常通り 13(65%)  時差出勤 7(35%)
Q3. 施術時間短縮、ルーム閉鎖は行われていますか
A3. 平常通り 16(80%) 閉鎖中 4(20%)
Q4. 施術時間外に取り組まれている業務について教えてください
A4. ・事務作業(カルテ管理、広報物作成、メール)
  ・備品の在庫確認
  ・清掃、整理整頓
  ・自己研鑽
  ・所属部署の手伝い(電話対応、封筒作成、シュレッダー)
Q5. 施術室内での感染予防対策について教えてください
A5. ・手指・設備消毒、施術者のマスク着用
  ・利用者への手指消毒、検温
  ・空間除菌
Q6. 現在の状況で困っていることはありますか?
A6. ・在宅勤務が増えることで施術利用者の減少
  ・通勤時や施術時の感染リスク
  ・稼働率低下による評価低下、雇用継続への不安

・出勤されていない方(各設問には可能な範囲で具体的に回答してください)
Q7. 現在の業務形態について(テレワーク・自宅待機・有給休暇消化・その他)
A7. 自宅待機 10(56%) 在宅勤務 6(33%) 特別休暇 1(6%) 休業扱い 1(6%)
Q8. 自宅での業務内容について教えてください
A8. ・自己研鑽 ・レポート作成 ・家族への施術練習
Q9. 同僚、上司との連絡手段や、連絡の頻度について教えてください。
A9. ・電話 ・メール ・LINE ・社内用ツール
  ・適宜 ・週1回 ・毎日
Q10. 出勤再開の目処、判断基準について教えてください。
A10.・明確ではなく会社の判断待ち
  ・1 2週間後、1ヶ月後に再開予定
Q11. 現在の状況で困っていることはありますか?
A11. ・再開後の感染への心配
  ・一定以上の自宅待機後は休業扱いになる予定
  ・体力、施術感覚の低下
  ・再開の目処が立たない
  ・在宅勤務のPC設備が整わない

本文エリアはここまでです。






ここからフッターエリアです。